忍者ブログ
楽知ん写真館 2
〈たのしい知〉と〈笑顔のながれ〉を追求する楽知ん研究所の「たのしい活動の日々」♪


2017/08/17
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2012/01/09
■ 【大道仮説実験ワークショップひとこま】(2)受付のフシギ...

引き続き,現場のキムラです。

24日(=初日)午後1時,いよいよ受付が開始されました……。



受付スタッフが案内しているのは,
このワークショップのある意味では「めだま」でもある,

 名札用紙

です。

このクリスマスど真ん中+師走年末多忙の折に,
全国各地から交通費と宿泊費と参加費を注ぎ込み,
それでも集まる参加者150名。

「実は(大道仮説実験よりも)
 参加者こそが,いちばんおもしろい

というのは,楽知ん研究所の宮地ゆーじさんの言です。

その参加者間の交流をとりもつのが,
この名札用紙なのです。

ただ名前じゃなくて,仕事や居住地や,
〈いま気になっていること〉など,書く欄がたくさんついています。

そこで……,

(みなさん,チョー真剣……)

【……つづく!】


         (写真/コメント:木村仁志)

拍手[4回]

PR

Comments(0) | TrackBack(0) | 大道仮説実験ワークショップ
2012/01/07
■ 【2011大道仮説実験ワークショップひとこま】(1)準備、準備♪

こんにちは!
2011年の年末,クリスマスに開かれた

 大道仮説実験ワークショップ2011岡崎

の様子を,久しぶりに写真館で,紹介していきま〜す。

しばらく,こまめに更新していきますので,
どうぞ,ご覧あれ!

   *

さて,まずは,前日の会場の準備の様子から,
紹介していきましょう。会場のきむらさ〜ん。



はい,きむらです。こちら現在23日,
ぞくぞくとスタッフが集まり,会場の設営が進んでいます。







いよいよ,明日から,はじまります……。




 100億倍水分子バルーンも膨らんで,


 しずかに みなぎる……きんぱくかん!!

 【つづく】

(写真/コメント:木村仁志)

拍手[4回]


Comments(0) | TrackBack(0) | 大道仮説実験ワークショップ
2011/05/22
■ ★ 絶賛準備中! 夏の親子講座 2011 ★

5月の週末,北海道の支笏湖で,
今年の「夏の親子(孫)科学講座」の研究・準備会を
1泊泊まりで,じっくりやりました。



通してプランを体験し,
「これならお客さんに楽しんでもらえそう」と思う
実験グッズを持ち寄って検討です。
これを見たり考えたりするのが,毎年,すごく楽しい!



今年のテーマは「空気ってなあに?」です。
(ふふふ,写真とは関係なさそうに見えるでしょ?) お楽しみに!!



【おまけ】支笏湖の水の透明度はすごいです。
   温泉もよかったですよ(^^)



(写真・木村妙子,塚本浩司,ほりえかおり / 文・木村妙子)

────────────────────────────────
 → 【夏の親子講座の予告ページはこちら
  準備,参加申し込みの受付も,始めていきま〜す(^o^)

拍手[4回]


Comments(0) | TrackBack(0) | 親子孫でたのしい仮説実験講座
2011/03/03
■ 伊達図書館で〈ころりん〉♪

伊達図書館〈ころりん〉紙芝居♪
(2010年)11月6日(土)、北海道 伊達市立図書館で、
大道仮説実験〈ころりん〉をしました!

今回は、ちょっと少なめでしたが、
3組の親子連れなど15名くらいの参加でした。

伊達図書館 〈ころりん〉!

ちょっと元気がなかったので、金属製の〈四角が丸くなる〉マジック? と
マジック絵本で少し遊んでからはじめました。

もちろん「3,2,1,ころりん!」の掛け声の練習もしてスター
ト!
みんなでころりんをたのしんで、
ガリレオさんの紙芝居を読んで、
ピコピコカプセルを作って遊びました。

伊達図書館〈ころりん〉紙芝居♪

特に小学生2人の男の子が目を輝かせて参加してくれ、
うれしかったです。

感想を紹介します。
さとうさん 9歳 5.とてもたのしかった
 今日の実験では、直径や重さには早さが関係ない
 ということが わかりました。
 カプセルの中に玉を入れて転がすのが
 虫みたくておもしろかったです。
 家でも実験をやってみたいです!

さとうくん 7歳 5.とてもたのしかった
 おもさと、ちょっけいがかんけいないことを知りました。
 思っ ていたこととがちがうと知りました。

つしま母さん 5 つしま 子さん 6歳 5
 カプセルを転がすのがとてもたのしくて子どもは大喜び。
 何度 も転がしてニコニコ笑顔でした。

感想をとりそこねて、結果的に3枚だけでしたが、
みんな喜んでくれました。\(^O^)/

(写真・文/宗像利忠)
 

拍手[4回]


Comments(0) | TrackBack(0) | 〈ころりん〉
2011/02/10
■ 冬の 親子孫でたのしい仮説実験講座:もっと〈しゅぽしゅぽ〉

新春1月9日,1時間半+2時間で,

「親子孫でたのしい仮説実験講座
 〈しゅぽしゅぽ〉+もっと〈しゅぽしゅぽ〉」


を開催しました。(参考:当日ちらし
会場は,昨年夏に親子講座をした岡崎(愛知県)の会場です。

・午前中は,大道仮説実験〈しゅぽしゅぽ〉

・午後は,参加者にも実験セットを配って,
 昨年末に完成した『もっと〈しゅぽしゅぽ〉問題 実験集』
 第1部

を,20家族 約60人でたのしみました。

たいへん,みなさんに喜んでいただけたようです。

●午前10時半~12時15分
 大道仮説実験〈しゅぽしゅぽ〉
 ニューパチパチパンチ!カード
 紙芝居(プロジェクター版)
 ゲーリケの復元ポンプによるマグデブルクの半球の実験

●午後1時~3時半
 もっと〈しゅぽしゅぽ〉第1部
 紙芝居(プロジェクター版)
 ゲーリケの復元ポンプによるマグデブルクの半球の実験


もっと〈しゅぽしゅぽ〉

夢中で もっと〈しゅぽしゅぽ〉

イメージをつくる

ゲーリケ 紙芝居

講師の宮地さん曰く,
午後は,2時間半,ぶっとおしでした。
そんなので,小学校低学年が最後まで持つはずは
ないのですが,なぜか,なんとかなりました。

でも,疲れました。

第1部だけでも2時間では終りませんでした(^^;)。
でも,卵と浮沈子と金魚までいかないと,面白くないので,
休憩もせずに,つっぱしりました(^^;)。

ちょっと,こんな日程では無理でしたね。

とのことで,ちょっと,詰め込みすぎだったようです…… (^^;
参加者のみなさん,いかがでしたでしょうか。

(記 木村仁志 / 写真提供 松野 修)

 

拍手[5回]


Comments(0) | TrackBack(0) | 親子孫でたのしい仮説実験講座
2011/01/21
■ 大道仮説実験ワークショップ三島2010(その4)

(1週間あけて,その3からの続きです)

●屋台ワークショップ
大道仮説実験のワークショップ(講座)だけでなく,
「屋台ワークショップ」の時間には,いろんな体験型の屋台が出るのも,
「大道仮説実験ワークショップ」の名物?です。

水分子シャワー
水分子シャワーや,

なぞの「霧箱」
ミニプラン体験型,

プチバンジーチャイム作り
ものづくりの屋台などなど,いろいろ!

昨年に続いて,ヒゲキタさんもスペシャルゲストにお呼びしました。
3Dプラネタリウムは,仮説社の(次)さんも感動されたようです。

ふふふ……。
3Dプラネタリウム

3Dプラネタリウム看板

●講演・全体会
また,もう1点,
科学をたのしむだけではなく,「成熟経済時代のたのしい生き方」
や「お金や社会のこと」を考える機会を提供する,ということも,
ワークショップの大切な内容の1つに,我々はしています。

最後の全体会に,さわかみ投信の澤上篤人さんを
お呼びして,講演をしていただきました。

「なぜ,大道仮説実験ワークショップに投資の話なの?と
 思ったけど,話をきいて,よくわかりました!」

という感想もあったので,
こちらの意図はお伝えできたのかなぁと思います。

樋栄さんミニ講演
 樋栄邦直さん(旭川市,薬剤師・楽知ん研究人)ミニ講演

澤上篤人さんミニ講演
 澤上篤人さん講演

え,ふたりの講演は,どんな内容なのだったのかって?
それはまた,いつかの機会に。

   *

最後は恒例,バンジーチャイムでフィナーレ!でした。
(写真を録り忘れました(^^;)

  *    *    *

4回にわたってお伝えしてきた
「大道仮説実験ワークショップ2010三島」報告記,
以上で,おしまい!です。

今年も当「楽知ん写真館」では,
「たのしい知=〈楽知ん〉が生み出す笑顔の流れ」を,
たくさんの魅力的な写真でお伝えしていこうと思っています。

ぜひ,あなたも写真を撮られたら,
mailあっとluctin.orgまで,写真と報告をお送りください。
お待ちしてます!

(写真・文:木村仁志)
 

拍手[3回]


Comments(0) | TrackBack(0) | 大道仮説実験ワークショップ
2011/01/16
■ 大道仮説実験ワークショップ三島2010(その3)

その2からの続きです)

今回は,初めて〈授業書案体験〉講座を設定してみたのも,
新しい試みでした。
〈水分子の鎖とサイフォン〉

 ●〈水分子の鎖とサイフォン〉(〈水はどっちから出る?〉改訂)
 ●〈転がるものと落ちるもの〉
    『水はどっちから出る?』   『転がるものと落ちるもの』
の2つの授業書案の,講座をしました。
「フリップBOOK」で進める大道仮説実験もたのしいのですが,
やはり,「授業書」を配って進める仮説実験授業とは,
その深みには,格段の違いがあります。

そこで,時間がゆるす条件の時には,
やはり,授業書(案)を配って,きちんと,仮説実験授業をしていくことが,
〈本格的な科学入門教育〉のためには,とても重要です。

  *

ワークショップでは,他にも,
フラッグス大会
フラッグスの講座や,

長期投資 講座
特別枠で,クローバーアセットマネジメント らくちんファンド担当
西生さんによる「長期投資」の講座もおこないました。

(4へ つづく)

(文・木村仁志 / 写真・木村,掛布智久)
 

拍手[2回]


Comments(0) | TrackBack(0) | 大道仮説実験ワークショップ



<< 前のページ    ホーム    次のページ >>
Design by basei,koe twi